Special
» 2019年06月17日 10時00分 公開

ファイルサーバ移行、簡単解決の鍵は?:Windows Server移行で待ったなし、ファイルサーバ管理の悩みを解決する

「Windows Server 2008/2008 R2」の延長サポートが2020年1月に終了するのに備え、ファイルサーバ移行の課題と対策を把握しておくことは重要だ。煩雑な移行作業を簡単にする方法を紹介する。

[PR/キーマンズネット]
PR

 「Windows Server 2008/2008 R2」の延長サポート期間が、2020年1月14日で満了を迎える。サポート終了まで残り1年を切った現在、各所でサーバOSのリプレースが慌ただしく進んでいる。その中で意外と手間取るのがファイルサーバのOS移行だ。

 サーバOSの移行では業務システムやデータベースを搭載するサーバの優先順位が高いため、ファイルサーバは後回しになりがちだ。そうしたファイルサーバの中にはWindows Server 2008が稼働しているものもあり、かなりの数のファイルを保管している場合も少なくない。

 整然とフォルダを分け、古いファイルや不要なファイルを適宜整理していれば、ファイルサーバは無駄に肥大化しない。しかし実際は、事業部門のユーザーが無秩序にファイルを放り込み続けており、いざOS移行に着手しようと思っても、あまりのデータ量に二の足を踏むこともあるだろう。

 ファイルサーバのOSをスムーズに移行するためには、現状のファイルをどのように整理すればいいだろうか。ファイル管理ツールを導入すれば事足りるのだろうか。実際のところ、そう簡単にはいかないようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部