Special
» 2019年06月21日 10時00分 公開

顧客ニーズを的確に捉えるには:500社以上が国内で導入、アプリケーションの価値を高める優れた手法

デジタルビジネスが当たり前になりつつある今、成功を左右するのは企業が提供するアプリケーションやWebサービスの質と言っても過言ではない。質を高めるためには何が必要なのだろうか。

[PR/キーマンズネット]
PR

 「デジタルトランスフォーメーション」で得られる利点の一つは、「顧客体験」を変化させ、事業の成長につなげられる点だ。

 今や多くの人がスマートデバイスを持ち、アプリケーションやWebで企業のサービスを利用している。この変化はあらゆる業界に浸透し、製造業でもWebを通じて商品を調査し、ファーストコンタクトを取る顧客が増えているという。日本企業にとっては特に、優良な海外の顧客を獲得する手段として、デジタルビジネス手法を進化させることが不可欠になっている。

 提供するサービス、アプリケーションの質は、その企業のイメージや信頼性に直結する。アプリケーションの質の向上が、これまで以上に重視されているのはそのためだ。

 では、どうやってアプリケーションの質を高めればいいのだろうか。アプリケーションだけでなく、ユーザーエクスペリエンス(UX)、サーバ、クラウドサービス、ネットワークなど、関係するあらゆる要素を可視化することがその第一歩になる。具体的な手法について紹介しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:New Relic株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部/掲載内容有効期限:2019年8月17日