特集
» 2019年06月11日 16時00分 公開

従業員の健康をRPAでサポート、DeNA流働き方改革はこれだ

「攻めのIT経営銘柄2019」や「健康経営銘柄2019」に選ばれたDeNA。最近は、働き方改革に関連したIT活用が話題だ。RPAで社員の健康をどうサポートするのか。

[土肥正弘,ドキュメント工房]
2019年5月9日開催の「Japan IT Week 春」(ビッグサイト)に登壇したディー・エヌ・エー 執行役員 チェ・テウ(崔 大宇)氏

 創業20周年を迎え、全社的にさまざまなプロジェクトを立ち上げているディー・エヌ・エー(以下、DeNA)。最近では、社内の働き方改革にも注目が集まっている。

 全拠点で約2500人の従業員数を抱える同社の働き方改革の主軸は、(1)人事制度、(2)社員の健康管理、(3)ITを利用した施策の3本柱だ。中でもRPA(Robotic Process Automation)が従業員に対し、残業時間のアラートを出すといった取り組みは大きな成果を出している。また、「社内で就業時間にマッサージを受けられる」といったユニークな施策も数多い。同社の崔 大宇氏(執行役員 ヒューマンリソース本部長 兼 コンプライアンス・リスク管理本部長)が、同社で実践する働き方改革の手法を紹介した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。