特集
» 2019年06月10日 10時00分 公開

【事例】中国の「保険AI」はどこまで顧客体験を変える? AIの「横展開」を進める平安保険の狙い (1/3)

保険や金融業界でAI活用やRPAによる業務自動化が注目を集める中、中国で急成長を遂げる技術重視の保険会社は全く別の方法で顧客体験とサービスそのものを変えるアプローチを取る。大方のサポートは10分で自動処理可能なところまで作り込んでいるという。その詳細を聞いた。

[原田美穂,キーマンズネット]

 個人向け保険の業界で成長著しい企業の1社が中国の平安保険だ。「ベテランが5分かけていた作業を0.154秒に短縮」「10分で手続きと保険手続き完了」など、技術力を生かした商品やサービスを次々と展開する。その根幹にあるのは、「AI導入」「AI活用」ではなく「顧客体験の最適化」への本気の資源投入だ。

 同社のAI関連技術を主導する技術者が来日、自社商品が実装するAI関連技術の詳細を披露した。本稿ではその内容を再構成して紹介する。

※本講は2019年5月16日に開催された「インテル・データセントリック・イノベーション・デイ」(主催:インテル)の講演「中国平安保険のAIの取り組み」を基に再構成した。



中国平安保険(Ping An)のAI+金融サービスは「顧客体験最適化」が基底にある

写真 Jianzong Wang氏

 中国平安保険は中国に本拠を置く超大手企業の1つ。本稿執筆時点で『Forbs』誌の企業ランキングで7位、『Fortune』誌では29位に位置しており、金融や保険、投資分野でも大きなプレゼンスを持つ。事業範囲は中国のみでなく、シンガポールやマレーシアにも広がる。直近では同社のヘルスケア部門が単独で香港市場に上場、ソフトバンクが出資したことで日本でも注目を集めた。

 その平安保険グループの技術部門であるPA科技(PA Tech)で副主任エンジニア兼シニアAIディレクターで、フェデレーテッド・ラーニング・プラットフォームのチームリーダーも努めるJianzong Wang博士はAI関連技術の研究者だ。中国ビッグデータ専門委員会のシニアメンバーでもある。Wang氏は2015年から平安保険に参加。以来同社のAI技術開発に貢献してきた。

 Wang氏はスマート車両損傷検出や声紋認識、動物顔認識、翻訳、音声合成など、金融保険業界でのAI利用を専門的に研究する。中国平安保険の事業基盤である「フェデレーテッドラーニングプラットフォーム」「ディープラーニングプラットフォーム」「ヘテロジニアスコンピューティングプラットフォーム」の構築および運用を主導する立場にある。

 Wang氏が平安保険に参加してからの4年間で約400ものAIアプリケーションを開発してきたという。画像処理や音声翻訳(中国語から英語、韓国語への翻訳)や音声識別、音声合成なども担う。同社のAI活用の基底にあるのは「顧客体験の最適化」だ。

3万件の保険請求の99%を当日のうちに完了できる

 平安保険は主に個人向けの保険商品を扱う。中国の国内需要だけでも膨大な案件数になることは想像に難くない。Wang氏は「どのような企業かを知っていただくために、平安保険の1日を紹介しましょう」と、次のスライドを示した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。