特集
» 2019年06月07日 08時00分 公開

「オートスケールって落ちるんです」――AWSの現場術を伝授する"駆け込み寺" (1/3)

 「AWSを学ぶ時間も余裕もない」「いきなり運用を任されたけれど、何に気を付ければいいのか」――これからAWSを始める人、運用で不安を抱えている人が、「AWSに強い情報システム部門」に近づくための駆け込み寺があるという。

[齋藤公二,インサイト合同会社]

 「攻めのIT」が叫ばれる今、その1つの手段として「Amazon Web Services」(以下、AWS)を筆頭とするパブリッククラウドサービスに注目する企業は多い。クラウドは新しいサービスの開発基盤となる上、基幹システムのような既存ITインフラの移行先としても存在感を増している。

 実際に、AWSの活用に踏み出す企業も増え、情報システム部門がその運用に携わるケースも増えてきた。しかし、日々の業務に忙殺され人手の不足しがちな情シス部門が、AWSについて新たに学ばなければいけないというのは酷な話だ。その上、クラウドには独自のくせや落とし穴があり、例えば「オートスケールを推奨される手順で設定したのに、アクセス数が増えるとサーバが落ちる」といったアクシデントも報告されている。こうした実態運用を前提としたリアルな話は、ベンダーの研修や認定資格制度では語られない。

 そこで、AWSに関するノウハウを吸収できる、情シスのための「駆け込み寺」が作られた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。