特集
» 2019年06月04日 08時00分 公開

法務部門の脱Excel:ZOZOがいきなり2000人追加採用でも雇用契約管理が破綻しないワケ (1/3)

クラウド契約サービスによる契約業務効率化が注目を集めるが、実際に採用したユーザーはどう使っているか。異なる事業を展開する3社が、契約を変えたことでそれぞれの業務を大きく変革する。

[原田美穂,キーマンズネット]

 少し前のことだが、アパレルEC大手ZOZO(旧スタートトゥデイ)が2000人もの追加雇用を発表して話題になった。2000人の雇用といっても、入社時期やシフトがばらばらの従業員を一度に受け入れるとなると管理部門の負担は少なくない。そもそも雇用契約や労務管理をとりまとめる人員の増強が必要になるのではないか――。こうした手配の一部をデジタル化して再設計、効率化を図ったからこそZOZOは多くの人員を雇用できるようになったのかもしれない。

 5月21日に開催された「クラウドサイン」のユーザーミートアップ「Columbus」では全く異なる事業を展開する3社による電子契約サービスの利用状況を聞くことができた。登場したのはスクウェア・エニックス、ディップ、そしてZOZOだ。

【column】クラウドサインとは

 「クラウドサイン」は、弁護士ドットコムが手掛ける電子契約サービス。電子署名法などの法整備が進んだことで、デジタルデータによる契約も一定の条件を満たせば紙の契約書と同等の法的効力が認められるようになった。その「契約の一定条件」を満たす仕組みをクラウド型サービスとして提供する事業者の1つがクラウドサインだ。

 押印やサインの代わりに電子署名を使い、Webだけで契約手続きが完了するため、印刷や郵送、押印といった手間とコストが掛からないのが利点。現在、既に4万以上の企業が利用する状況だ。

「こんなに運用が楽なシステムは他にない……」スクウェア・エニックス

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。