Special
» 2019年06月04日 10時00分 公開

中堅成長企業が選ぶべきBI、構築のパートナーは:BI分析最大の難問、手前のデータ準備と設計を丸ごと頼れるサービスとは

中堅成長企業が大企業をしのぐ収益力を得る事業運営を実現するには、何が必要だろうか。データ経営の支援経験が豊富な企業が、高度なBIを生かした「ある提案」を始めた。

[PR/キーマンズネット]

 過去、企業が見るべきデータは、予算や売り上げなどのシンプルなもので十分だった。しかし、企業活動の多くがデータ化されたことで、どのような企業でも複数のデータソースを組み合わせた現実世界に近い情報から、事業の状況を多角的かつ精細な粒度で分析できるようになった。

 従来このような「ビッグデータ」相当のデータを見るには、高度なITインフラや優秀なデータサイエンティストをそろえられるだけの「体力」が必要だった。だがこの状況も、今は変わろうとしている。

 企業規模の差が障壁にならない状況が生まれた今こそ、中堅成長企業はデータを使った事業成長を目指すチャンスにある。高度なデータ分析を手軽に実現する方法を紹介しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社アイ・ピー・エス
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部