Special
» 2019年05月15日 10時00分 公開

「3つの不足」にどう対処する?:「すごいエンジニアを血眼になって探す」より現実的なAI課題解決方法とは

第3次AIブームが起こっているがAIをビジネス活用できている企業は少ない。その理由はAI活用を始めようとする企業がつまずく「3つの不足」にあるという。

[PR/キーマンズネット]
PR

 ディープラーニングなどの機械学習の発展により、ここ数年でAI(人工知能)の技術は飛躍的に進化し、今まさに「第3次AIブーム」が巻き起こっている。AIに対する企業の関心も急速に高まり、従来の専門分野だけにとどまらず、幅広い業種や業務にAIの活用領域が広がりつつある。

 活用方法についても、業務の効率化や業務スピードの向上、人材不足への対応、さらにはデジタルトランスフォーメーション(DX)実現というように、ビジネスにAIをどう組み込んでいくのかという本格的な実用フェーズに入る企業が増えている。

 しかし、いざビジネスでAIを活用しようとしたときに多くの企業が課題に直面している。例えば「使えるデータが蓄積されていない」「AIを理解できる人材がいない」「導入後のAI管理や精度向上が困難」といった課題だ。AIをビジネスで本格的に活用するためには、これらを解決する必要がある。

 これらの課題を解決しつつ、AI活用を進めるにはどうすればいいのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部/掲載内容有効期限:2019年7月14日