Special
» 2019年05月09日 10時00分 公開

レガシー脱却の処方箋:レガシーシステムのクラウド移行が困難でも諦めたくない企業の現実解

オンプレミスシステムをそのままクラウドに移行しようとするとさまざまな困難が立ちはだかり、最終的に移行を断念した企業は少なくない。だが、レガシーからの脱却を実現できないと、大きな経済的損失のリスクがある。現実的な解決策は。

[PR/キーマンズネット]
PR

 経済産業省は2018年9月に公表した「DXレポート」で、デジタル時代に適応するために企業文化や業務の在り方を変える「デジタルトランスフォーメーション」(DX)に日本企業が取り組む際の課題を指摘した。問題視されたのは、既存のレガシーシステム移行の難しさだ。この課題が克服できなければDXが実現しないだけでなく、2025年以降に大きな経済損失が生じる「2025年の崖」が訪れると予測している。

 DXの必要性には同意しつつも、どうすればいいのか結論が出せずに困っている企業が少なくないだろう。参考にしたいのは、既にこの問題を数多く解決してきた事業者の経験だ。特に老舗の国産クラウドベンダーは、レガシーシステムを抱える企業のクラウド活用を多数支援している。

 レガシーシステムを抱える企業がクラウドを使いこなすコツとは何だろうか。日本企業が抱える根源的な課題に向き合い、国産ならではのきめ細かなサービスを充実させてきたクラウドベンダーの提示する「処方箋」とは。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部/掲載内容有効期限:2019年7月9日