連載
» 2019年05月17日 08時00分 公開

分かったつもり? AI画像認識:何からはじめる? AI画像認識、3つの活用ステップ

AI画像認識を導入する際に、必ず踏まなければならないステップがあります。例えば、「AIは運用前の事前作業に最も工数がかかる」といわれますが、どのような作業が必要なのでしょうか。図で簡単に説明します。

[中尾雅俊, 矢嶋 博,パナソニック ソリューションテクノロジー]

監修:中尾雅俊

パナソニック ソリューションテクノロジー AI・アナリティクス部ソリューション推進課 主事

2017年にNVIDIAとの協業を担当したことを皮切りに、AI・データ分析中心の業務を推進。初期投資や導入リスクが大きい、「人工知能の現場導入で失敗させない」活動としてセミナー講演など多数実施。受講者からは、「AIがよく理解できた」「そんなノウハウを話しても良いの」と心配されるほど。最近の趣味は実用を兼ねたDIYや果樹菜園など。

監修:矢嶋 博

パナソニック ソリューションテクノロジー 産業IoTSI部ソリューション推進課 係長

製造業向け「AI画像認識ソリューション」のSEとして、営業支援やPoC推進を担当。ソフトウェア開発からITインフラ構築まで、これまでの幅広い経験を生かし、AI画像認識システムの提案から導入、AI学習トレーニングまでを手掛けている。趣味の風景や家族写真撮影に加え、学習用画像収集をライフワークにしている。

 前回までは、製造ラインの効率化という観点から、AI画像認識が「できること」「できないこと」を明確化し、AI(人工知能)画像認識とどのように向き合っていくべきかについて考察しました。では、実際に現場にAI画像認識を適用する場合、どういったアプローチを取るのが適切といえるのでしょうか。

3つのステップで構成する「導入・活用のアプローチ」

 これまでの述べてきたように、AI画像認識による業務効率化を図るうえでは、留意すべきポイントが幾つかあります。1つ目のポイントは、AIは決して万能ではなく、認識させたいモノの種類によっては、AIよりも他の技術を使ったほうが効率的であるケースがあることです。

 また、AI画像認識を実務で活用するうえでは、その頭脳を育てていかなければなりません。具体的には、AIに認識させたいモノに応じて、適切な画像を、適量用意して学ばせる必要があり、そうした画像の選択には、現場の実務に携わっている方の知見を活用することが大切です。加えて、AIの育成時に活用した画像と同様の画像が、実際の現場で撮影できるのかという問題もクリアにしておかなければなりません。仮に、AIに学習させた画像と同様の画像が、AI画像認識の実活用時に全く撮影できないのであれば、せっかく育成した頭脳が有効に機能することはまずないといえるでしょう。

 さらに、AI画像認識そのものが業務を効率化するわけではありません。大切なのは、AI画像認識をどう業務の効率化に生かすかで、その意味で、システム化のプランをしっかりと練り上げることが重要です。

 以上のポイントを踏まえ、パナソニック ソリューションテクノロジーでは、AI画像認識活用のアプローチとして、次のような3つのステップを踏むことを推奨しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。