特集
» 2019年05月09日 10時00分 公開

RPA、約12万時間削減の裏でロボット停止の嵐――リクルートはどう解決したのか (2/4)

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

ロボットが止まって仕事が終わらない……苦心して編み出した5つの対策

 本格的にRPAの全社展開に踏み切った同社は、各部門で行われている定型業務を対象に、データを定期的に抽出、加工・アップロードする作業や、入金の手続きとチェック作業、サイトで掲載する店舗情報ページやサービス情報ページの原稿制作作業などを担うロボットを増やしていった。しかし、当初は多くの壁にぶつかったと音羽氏。特にロボットが意図せぬタイミングで停止してしまう現象にはかなり悩まされたという。

リクルートライフスタイル 戸崎 亜由美氏(「崎」の字は異体文字である「たつさき」)

 「ひどい場合にはロボットが少し動いて止まるを繰り返すといった具合で、なかなか作業が進みませんでした。ロボットが止まるたびにエンジニアの方に修正してもらい、結局期限内に作業を終えられなかったこともありました」と戸崎 亜由美 氏(リクルートライフスタイル 営業統括本部 飲食情報営業統括部 事業推進部 事業マネジメントグループ グループマネジャー)は振り返る。

 そこで、音羽氏はロボットが処理の途中で止まる原因を分析し、ロボットが停止する5つのパターンとその解決策を創出した。「ほぼ1人でマネジメントルールを考えた」というその極意を紹介しよう。

 1つ目は、RPA導入時の事前検討が不十分であるパターンだ。事前に業務担当者と業務要件を十分に洗い出せていなかったり、業務の中で起こるイレギュラーケースを考慮できていなかったりすると、ロボットにとって想定外の処理が発生し、その結果エラーが起こって自動化プロセスが止まってしまう。そこで、ロボットの作成段階で、業務現場から抜け漏れなく情報をヒアリングできるよう、ヒアリング用のドキュメントのフォーマットを大幅に見直した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。