特集
» 2019年05月09日 10時00分 公開

RPA、約12万時間削減の裏でロボット停止の嵐――リクルートはどう解決したのか (1/4)

RPAによって年間で約12万時間を削減したリクルートライフスタイル。しかし、導入当初は「毎日のようにロボットが止まる」という現象に悩まされた。これを解決し、RPAプロジェクトを成功に導くためにしたこととは?

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

 働き方改革を背景に、業務の効率化を実現するRPA(Robotic Process Automation)。導入企業が増えた今「RPAは思ったよりもうまくいかない」という声が集まっている。

 「ホットペッパーグルメ」「ホットペッパービューティー」「じゃらん」など、多種多様な一般消費者向けサービスの企画、開発、運用を行うリクルートライフスタイルも同様の課題を抱えていた。同社はRPAを導入したのはよいものの、「ロボットが頻繁に止まる」などの問題にぶつかった。「ロボットが少し動いて止まるを繰り返すといった具合で、なかなか作業が進みませんでした」と同社は当時の悩みを明かす。

 こうした課題に対し、ある人物が立ち上がり、ほぼ1人で5つの対策を考え出した。その内容とは? さらに、同社が大きな成果を出せた背景には、ロボットを運用するための体制に秘密がある。RPAによって、年間で約12万時間を創出したリクルートの事例に学ぶ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。