コラム
» 2019年04月26日 08時00分 公開

ついに発生、USBキラーがもたらした「大量殺りく事件」とは?:511th Lap

企業からのデータ漏えいの「主犯格」としてUSBメモリが糾弾されて久しい。カンタンに社内のデータを持ち出せるし、バックアップのつもりで重要データを保存したUSBメモリをウッカリ落としたり紛失したりもする。

[キーマンズネット]

 「USBメモリは利用はもちろん持ち込みすら禁止」という企業は少なくない。場合によってはUSBメモリを社用PCに接続するだけで警報が発報されたり、現場によっては赤色灯が回るということもあるとか。

 「USBキラー」をご存じだろうか。USBメモリによく似た形状をしていて、USBポートに差し込むだけでPCやスマホに致命的なダメージを与える恐怖の存在だ。ついにUSBキラーによる「大量殺りく事件」が発生してしまった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。