ニュース
» 2019年04月25日 08時00分 公開

Office 365のデータを無制限バックアップ、NTT Comが発表した新サービスとは (1/2)

「Office 365のデータはクラウドにあるから安心でしょ?」と思うユーザーも少なくない。だが、万が一データが消失したときのことを考えているだろうか。NTT ComはOffice 365ユーザー向けに新バックアップサービスを発表した。

[笹田仁,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは、「Microsoft Office 365」(Office 365)の利用者に向けたデータバックアップサービスの提供を始めた。「Microsoft Exchange Online」や「Microsoft OneDrive」など、Office 365で利用できるクラウドサービスに向けたものだ。クラウドにデータを置けば安全と考えるユーザーは多い。クラウド側でデータを二重化するなどの対策で安全を確保するからだ。しかし、人間のミスでファイルを消去してしまった、あるいはランサムウェアなどのマルウェアの攻撃を受けた場合はバックアップデータがないと何もできない。NTTコミュニケーションズはこのような事態に対応できるサービスとして、データバックアップサービスを提供する。

バックアップデータは容量無制限、無期限、世代管理も無制限

 データバックアップサービスはOffice 365のExchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business、Microsoft Teamsといったクラウドサービスのデータをバックアップするもの。1日当たり最大で6回、自動でバックアップを実行し、バックアップデータは容量無制限かつ無期限、バックアップ世代も無制限で保管できる。操作ミスやマルウェアの感染などでファイルを消失してしまったときは、専用のポータルサイトから簡単にファイルを復元可能だ。

 NTTコミュニケーションズはバックアップサービスに加え、最新のOffice 365環境への移行を支援するサービスも始める。顧客から要件をヒアリングし、移行計画を立て、具体的な手順などの移行設計をした後に、遠隔操作でデータ移行を実行しテストまで実施する。移行できるデータはメールサーバに貯まっているメールデータ。主要なメールサーバやメールサービスに対応しているという。バックアップサービスも、移行支援サービスも米Skykickが開発した技術を利用している。

 今回はデータバックアップサービスと移行支援サービスをセットにした「移行サポートパック」というサービスパッケージも提供する。2020年にサポート期限切れを迎える「Windows 7」と「Microsoft Office 2010」を使い続けているユーザーを対象に、クラウドへの移行を促進させる狙いがある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。