特集
» 2019年04月19日 08時00分 公開

「RPAは高い、作る暇がない」の悲鳴――RPA女子が作るロボットパーツで解決

RPAのロボットを月額数万円でダウンロードして活用できるサービスが生まれた。RPAのハードルはどれだけ下がるのか?

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 働き方改革を背景にRPA(Robotic Process Automation)に注目が集まり、導入企業が日々増えている。しかし同時に、RPA導入の壁や課題も明らかになってきた。RPAの導入障壁として挙げられるのが「RPAのスキルを持った人材がいない」「開発や運用のための費用やリソースが確保できない」といった問題だ。特に、中堅・中小企業では「ヒト・カネ・モノ」の不足が障壁となり、導入に二の足を踏むケースも少なくない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。