特集
» 2019年04月17日 08時00分 公開

今後必要なDXスキルはベンダーが教えてくれる時代に:社員2000人の次は認定技術者1万人 Salesforceはどのくらい頼れる?

「Salesforceエンジニアになりたいならば全力で支援する」。今後数年続くと予想される「商機」にセールスフォース・ドットコムが本気でエンジニア確保に動く。

[原田美穂,キーマンズネット]

 セールスフォース・ドットコムがシステムインテグレーション(SI)パートナー拡大と認定技術者育成に向けた「DXアクセラレーションプログラム」を本格化する。

セールスフォース・ドットコム 井上靖英氏

 4月11日にSalesforce.comのCEOであるマーク・ベニオフ氏が来日、今後5年で日本国内の社員を2000人ほど増員して新オフィス「Salesforce Tower Tokyo」を開設すると発表したばかりだが(関連リンク参照)、自社人員だけでなくパートナー企業と技術者の拡充も急ぐ形だ。現在、日本国内に3700人程度いる認定技術者を3年以内に1万人規模に拡大することを目標とする。まずは初年度で新規パートナー企業80社の獲得を目指す。なお、DXアクセラレーションプログラム自体は新規だけでなく既存のパートナーも対象とする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。