Special
» 2019年03月29日 10時00分 公開

ECサイトの取り組み、最前線:事例:ECサイトのインフラ刷新、システム運用費を4分の1にした方法とは

レガシーシステムの運用費がかかる、改修するにも古い技術を理解する技術者がいない、などの悩みを抱える企業は多い。移行先にどのようなインフラを選べばよいのか。システムの刷新と運用費の削減を実現したECサイトの事例から学ぶ。

[PR /キーマンズネット]
PR

 BEENOSグループの一員であるショップエアラインは、世界最大級のオークションサイト「eBay」公認の日本語通販サイト「セカイモン」を運営する事業者だ。日本では手に入りにくい自動車のパーツやビンテージファッションなど、欧米を中心としたセラーがeBayに出品している6億点以上の商品を日本から安全に購入できる。

 近年、ショップエアラインはセカイモンのITインフラに問題を抱えていた。長く利用してきたシステムは技術的に陳腐化しており、運用コストや工数がかかる上、トラブルを抜本的に解決できる技術者もいない。先端の技術を採り入れられる柔軟性や拡張性を持たせることが急務だった。

 システムの移行を決断した同社だが、流行の海外製パブリッククラウドサービスを安直に選ぶことをしなかった。最終的に選択したのは、VPSやホスティング、パブリッククラウドを柔軟に使い分けることができ、安心して利用できるサービスだ。今ではシステムの運用コストを4分の1にまで削減し、セカイモンの安定稼働を実現しながら、AIやRPAを活用するためのシステム基盤も手に入れたという。果たして、どのように実現したのか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:さくらインターネット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部/掲載内容有効期限:2019年6月8日