特集
» 2019年03月25日 08時00分 公開

「万年2位」チームがまさかのリーグ連覇! 川崎フロンターレ、連覇の裏側でスタッフに起こっていたこと (1/4)

リーグ連覇で多忙になるのは人気選手だけではない。ファンが急拡大する中、日々のイベント運営や物販、問い合わせ対応など、チームスタッフも多忙を極めていた。地道に築いてきたファンとの接点も重要だ。質を下げずにどう期待に応えるか。

[齋藤公二,インサイト]
チームのエンブレム

 神奈川県川崎市をホームタウンに活動するプロサッカークラブの川崎フロンターレ。地域貢献を重視し、地元市民を中心に多数のサポーター(ファン)を抱える人気の強豪クラブの1つだ。クラブ名を聞くとどうしても選手や試合結果に関心が向きがちだが、同クラブを屈指の人気に高めるために、社員も日々奔走する。

 リーグ連覇をきっかけに多忙がピークを迎えたとき、彼らが行き着いたのは「働き方を変える」というプロジェクトだった。中でも「社外とのやり取りの多さ、煩雑さ」を抱える部門はある道具をきっかけに、働き方だけでなく業務効率も向上させたという。本稿ではその背景と導入の成果を紹介する。

4万のサポーターを抱える人気クラブ、黒字運営の裏側で

 川崎フロンターレは、富士通サッカー部を母体に1997年に設立されたクラブチームだ。リーグ戦やカップ戦は準優勝や2位と、あと一歩のところで勝利を逃すことが多かったことから「シルバーコレクター」などと冷やかされることもあった同クラブ。しかし、2017年シーズンにはJ2リーグからの参加クラブとしては初めてJ1リーグタイトルを獲得。翌2018年シーズンにはJリーグ史上5クラブ目となる連覇を達成した。

 初優勝獲得と連覇などを受けて、2018年6月には「サポーター会員」(後援会会員)数が4万人を突破、ホームスタジアムの等々力陸上競技場の収容人数約2万4000人をはるかに超えるサポーターを抱える人気クラブとなった。クラブとしての売上は拡大し続け、2018年度はリーグ4位となる約51億円を達成しており、14年連続黒字を実現した。

 設立から約20年をかけて、人気、業績ともに国内屈指のクラブチームに成長した川崎フロンターレ。黒字経営を維持したことからも分かるように、運営資金は健全なものの、スタッフらの業務は他の企業と比べるとIT化はかなり遅れ気味で非効率だったという。その状況のママ人気クラブに成長した結果、運営スタッフは多忙を極める状況になっていたという。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。