コラム
» 2019年03月22日 08時00分 公開

金曜Black★ピット:「Windows 95」大インストール大会がこんな形でよみがえるなんて:506th Lap

むかしむかし、PCにOSをインストールするだけのイベントが成立する時代があったそうな。それが、いま再び形を変えて人気に。インストールしなくても良い時代に、私たちは、なぜこんなにもインストールしたいのでしょうか。

[キーマンズネット]

 30年続いた「平成」が間もなく終わる。平成時代の出来事を振り返るTV番組なども少なくないが、そのトピックの1つとして定番になっているのが「Windows 95発売日、深夜の大行列!」という映像だ。1995年11月23日0時(つまり日付が変わったばかりの深夜だ)に、秋葉原をはじめとして全国の家電量販店などで、発売されたWindows 95を買い求めるユーザーが大挙して押し掛けたのだ。

 ここ最近のスマホ世代の若者にはなかなか理解できないかもしれないが、「Windows 95」発売当時は、自分でOSのパッケージを購入して自前のPCに自力でインストールするのが当たり前の常識だったのだ。だからこそ皆こぞって解禁日の深夜に並んで購入し「即日インストールだ!」と鼻息も荒かったわけだ。ちなみに1995年の11月23日は勤労感謝の日で休日だった。

 いやあ懐かしい、と大混雑の“アキバ”(当時の秋葉原電気街)の映像を目を細めて眺める人も少なくないだろう。しかしあれから20数年、まさに平成が終わろうとする今、Windows 95をPCにインストールし、その速度を競うというチャレンジが話題になっているというではないか。まさかそんな、フェイクニュースでしょ? と思いきや──?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。