コラム
» 2019年03月15日 08時00分 公開

「USB 3.2」発表の裏で「USB4」が登場、規格の整理が追い付かない:505th Lap

PCに周辺機器を接続する手間を大きく軽減させた規格といえば「USB」だろう。正式名称は「Universal Serial Bus」だが誰も気にしていない。2019年2月に最新規格の「USB 3.2」の詳細が明らかになったと思ったら「USB4」も出てきた。

[キーマンズネット]

 USBは1996年の登場からバージョンアップを重ね、USB 2.0、USB 3.0とどんどんデータ転送速度を高速化してきた。2000年に策定されたUSB 2.0規格からは給電規格も整い、電力供給のためにUSBケーブルとACアダプターを使う人も多いだろう。

 2008年のUSB 3.0規格が策定されてから10年が過ぎた。追加で「USB 3.1 Gen 1」やら「USB 3.1 Gen 2」やら「USB Type-C」などが登場し、やや複雑な規格になってしまった感がある。そこにさらに「USB 3.2」が正式発表されたのだからもう大変だ。おや、USB 3.2じゃなくて「USB4登場」の話だったのでは? 少し落ち着いてUSBの規格を整理してみよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。