特集
» 2019年03月14日 08時00分 公開

IT担当者300人に聞きました:ファイルサーバの利用状況(2019年)/後編 (1/3)

ファイルサーバと同等の機能を備えるクラウドストレージ。最近は、企業での利用も目立ってきたが、クラウドストレージは企業にとって第二のファイルサーバとなり得るのだろうか。読者の意見を聞いた。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2019年1月30日〜2月21日にわたり「ファイルサーバの利用状況」に関する調査を実施した。全回答者数301人のうち、情報システム部門が42.5%、製造・生産部門が14.6%、経営者・経営企画部門が7.6%、営業・販売部門が5.3%といった内訳であった。

 今回はファイルサーバに加えてクラウドストレージにも焦点を当て、ファイルサーバとクラウドストレージの併用率や利用するクラウドストレージサービスなどを調査した。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

今やコラボレーションの時代、ファイルサーバとクラウドストレージを併用する割合は?

 今や、ほとんどの企業で利用されているファイルサーバ。前編でも触れたが、その利用率は全体で97.0%と年々増加傾向にある。ただ、「コラボレーション」という言葉が盛んに使われる今や、対社内だけではなく対社外でもデータを共有する場面が増えてきた。現在は、ファイルサーバだけではなくクラウドストレージも併用する企業も多いだろう。データの保存と共有という観点ではほぼ同じ役目を果たす。

 そこで、ファイルサーバに加えてクラウドストレージも利用する割合はどのくらいだろうか。それを知るために、ファイルサーバ利用者にクラウドストレージサービスも利用しているかどうかを尋ねた。その結果、「利用していない」55.5%、「法人契約のアカウントで利用」33.2%、「個人のアカウントで利用」11.3%と続く結果となった(図1)。

図1 ファイルサーバに加えてクラウドストレージも利用する割合 図1 ファイルサーバに加えてクラウドストレージも利用する割合

 クラウドストレージサービスを提供するベンダーも増え、「Office 365」や「G Suite」など機能の一部としてクラウドストレージを提供するオフィススイートもある。その中で、まだ半数が「ファイルサーバは利用しているが、クラウドストレージサービスは利用していない」という結果となった。なお、「個人のアカウントで利用」とした層は、「1〜10人」「11〜50人」規模の企業が中心だった。

 クラウドストレージサービスを「利用している」と回答した層に、利用するサービスを聞いたところ、利用率の高い順に「Microsoft OneDrive」50.0%、「Google ドライブ」33.8%、「Box」20.0%、「Dropbox」19.2%という結果であった(図2)。

図2 利用するクラウドストレージサービス 図2 利用するクラウドストレージサービス
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。