ニュース
» 2019年03月07日 08時00分 公開

IT担当者300人に聞きました:ファイルサーバの利用状況(2019年)/前編 (1/3)

今やほとんどの企業で利用されているファイルサーバ。組織の業務でも欠かせない存在となりつつあるが、利用者の35.6%が勤務先でのファイルサーバ運用に不満を感じているようだ。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2019年1月30日〜2月21日にわたり「ファイルサーバの利用状況」に関する調査を実施した。全回答者数301人のうち、情報システム部門が42.5%、製造・生産部門が14.6%、経営者・経営企画部門が7.6%、営業・販売部門が5.3%といった内訳であった。

 今回はファイルサーバの導入率や運用方法、満足度にトラブル発生の有無などの質問からツールの利用状況を調査。全体で97.0%とほぼ全ての企業で導入が進んでいる一方で、利用企業の約3割が「不満」や「トラブルの経験」を抱えていることなどが分かった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

100%に近づいたファイルサーバの利用率

 最初に、ファイルサーバの利用割合を探るために「業務でファイルサーバを利用しているか」を聞いたところ、「利用している」が97.0%となり、アンケート回答者の勤務先では全てに近い企業で利用されていることが分かった。

 2016年、2017年に実施した同調査では、ファイルサーバを「利用している」と回答した割合は94%〜95%の間で推移していたが、今回のアンケートではほぼ100%に近い割合となった。

 従業員規模別で見ると、100人以下の中小企業では90〜93%と全体の割合と比べるとやや低調だった。対して101人以上の企業においては利用率が100%と、2017年の同調査(94.7%〜98.5%)より利用が進んでいることが分かった。

 なお、「利用していない」とした層の企業規模は「1〜10人」「11〜50人」が中心だった。「5001人以上」の企業も2.6%存在した。

 ファイルサーバは、使う側にとっては便利なツールだが、自社で運用している場合は運用管理の手間も掛かる。そこで、ファイルサーバを「利用している」とした層に対して運用環境について尋ねたところ、「自社で運用」が92.8%と大多数を占める結果となった。「マネージドサービスを利用し外部で運用」と回答したのはわずか5.8%であった(図1)。

図1 ファイルサーバの運用方法 図1 ファイルサーバの運用方法

 マネージドサービスなどを利用して運用を外部委託するのは、運用者にとってはファイルサーバの運用を“丸投げ”でき負荷を軽減できるが、それ相応のコストも掛かる。また、セキュリティといった懸念も含むため、企業はファイルサーバ運用の外部委託をためらっているのだろうか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。