特集
» 2019年03月06日 08時00分 公開

エイベックスが「ヒットし続けるエンタメ企業」を目指し奮闘した組織改革の裏側 (1/4)

90年代からヒットを生み続け、2018年も大きなヒットに恵まれたエイベックスグループ。音楽業界は再成長期に差し掛かる中、組織を再編するために構造改革を決意した。同社が目指すは「非連続成長を遂げる企業」だ。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 1988年に会社を設立し、音楽、エンターテインメント業界に新しい風を吹かせようと挑戦を続けるエイベックスグループ。90年代から多くのヒット作を生み出し、最近ではDA PUMPの「U.S.A.」のヒットが記憶に新しい。

 現在は従業員数1500人と組織も拡大、一見すると順風満帆かのように見えるが、組織成長において大きな悩みを抱えていた。世の中の大きなトレンドの変化を乗りこなすには、エイベックスも変わらなければと感じ、組織全体を見直すための構造改革に取り組むことを決意した。本稿では組織改革で重要な人事戦略に焦点を当て、エイベックス CEO直轄本部 戦略人事ユニット マネージャーの小川尚信氏に戦略人事部門が奮闘し、取り組んだ人事施策について聞いた。

再成長期の音楽業界で目指すは「非連続的な成長企業」

 エイベックスが構造改革を考えたきっかけは、音楽業界を取り巻く時代の変化にあった。CDの時代からデータ配信の時代になり、今やユーザーはスマートフォンなどで聞きたい曲をいつでもどこでも聴けるようになった。また、サブスクリプションサービスやライブの隆盛により、音楽、エンターテインメント業界はCD販売の低迷を乗り越え、再成長期に向かおうとしている。

 このように、デジタル機器や音楽の聴視環境、業界の動きが変わろうとしている中、過去の成功に引きずられることなく、トレンドの変化や潮流に敏感に対応できる組織と人材作りが必要だと感じた。そこでエイベックスは組織を再編するために、2015年から全社を挙げた構造改革に取り組んできた。

エイベックス 小川尚信氏 エイベックス 小川尚信氏

 音楽業界でイノベーションを起こすには、今までのような緩やかな曲線を描く成長では難しい。目指すは飛躍的な成長曲線を描く「非連続的な成長」を続ける企業。それには、組織を構成する一人一人の力を底上げすることが重要だと考えた。そうすることで、成長の起伏をより拡大できるだろうと考えたのだ。それには、社員の持つ力をエンパワーメント(能力開花)させる人事施策が必要だった。

 小川氏は「今後、われわれが目指すべき未来を実現するには、社員のパフォーマンス向上は欠かせません。そのためには、人事主体の活動ではダメなのです。人事部門と事業部門がうまく連携しながら戦略を考えていくことが重要だと考えます」と語る。

 現状を整理すると幾つかの課題が見つかった。組織が急激に拡大し従業員数が増えるにつれ、誰が何をしているのか、それぞれがどんなスキルを持っているのかを人事部も上層部も俯瞰(ふかん)して把握できていなかったという。今では、20社近くのグループ会社を持ち、グループ合計で約1500人の従業員を抱える組織になり、従業員や部門の活動、状況が見えにくくなっていた。

 この状態ではせっかく多彩なスキルを持つ人材を抱えていても、その能力を戦略的に活用することは難しい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。