連載
» 2019年03月05日 13時00分 公開

AI、RPA? 勤務先の「2019年度注力投資分野」を聞いた結果 (1/4)

キーマンズネット読者1541人に対して、勤務先での2019年のIT投資分野と今関心のある分野について聞いた。投資を予定する分野では2018年の調査結果と比べて大きく伸びを見せた項目があったが、一体どの分野が伸びたのか。

[岡垣智之,キーマンズネット]

 キーマンズネット編集部では、2018年11月26日〜12月21日にかけて、会員読者を対象に「IT活用状況調査」(有効回答数1541件)を実施した。「セキュリティ対策」「SaaS」「RPA」「改元対策」「EoS対策」「働き方改革」「AI」の7つのトピックスに分け、動向を調査した。本連載の最終回となる第8回ではIT投資に焦点を当て、2018年の調査結果と比較した2019年の企業のIT投資傾向を探る。

調査サマリー

  • 2019年度のIT予算は2018年度に引き続き横ばい傾向
  • 投資対象はOSのサポート終了対応に集中
  • ワークスタイル変革に関わる分野への関心が高まる
  • コスト削減やセキュリティ、IT人材不足は変わらず重要課題

2019年も投資に対して慎重な姿勢を見せる

 キーマンズネット読者の勤務先での2019年度IT予算の増減について尋ねた。その結果、2018年に続いて今回も「ほぼ同じ」という結果が半数以上を占めた。増額とした割合はわずか13.0%にとどまる結果となった。

 2019年は働き方改革関連法の施行、消費税の増税や「Windows 7」「Windows Server 2008」のサポート終了への対応など、企業のIT支出を後押しするイベントが控える中、2018年に引き続き、企業は慎重な姿勢を保っている。

 なお、「分からない」と回答した27.1%のうち、半数近い47.5%がIT製品や技術の導入に関与しない立場にある回答者であった。

図1 2019年度のIT予算の増減 図1 2019年度のIT予算の増減
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。