連載
» 2019年02月27日 10時00分 公開

RPAで失敗しない、“優等生ロボット”の育て方・付き合い方:RPAのテストは難しい? 必ず押さえたいポイント (1/4)

RPAがよく止まるという悩みを抱える企業は多い。原因の1つは、行うべきテストができていないことにある。必要な情報や条件を整理することが難しいテストを、ユーザー部門や開発担当者がどう行えばよいのか――ポイントを解説する。

[西本 浩平,SHIFT]

著者紹介:西本浩平

SHIFT ビジネストランスフォーメーション事業本部 技術推進部 RPA推進グループ 兼 技術推進グループ

大手SIerをはじめ、金融、通信、EC関連企業など、さまざまな領域において複数のソフトウェア開発プロジェクトに参画。ソフトウェアの品質保証・テストの観点から、計画・設計、プロジェクト全体の体制構築、品質管理、PMO業務まで業務経験は多岐にわたる。現在は、金融機関のRPAプロジェクトの開発および品質保証業務に注力するとともに、大手通信系企業の品質標準プロセスの構築推進にも従事する。

 前回紹介した通り、RPAロボット(以下、ロボ)のトラブルは「テストの誤りや漏れ」が原因で起こることがある。この“誤りや漏れ”を回避するためには、テスト担当者を含む開発部門と現場のユーザー部門が、テスト実行の前段階でテストの目的やゴール、方針に関する共通認識を持つことが重要だ。さらに、リリース後のロボと、ロボを活用する現場の業務が最終的にどのような状態になることをゴールとするかも共有しておきたい。

 この認識合わせのために重要なのが、テスト工程の第一段階である「テスト計画」だ。今回は、「RPAの品質を高めるテスト」をテーマとした記事の後編として、リリース後の本番でロボのトラブルを起こさないためのテスト計画について解説する。

 テスト計画のフェーズでは、開発側と現場のユーザー部門が、プロジェクトをトラブルなく推進し、リリースを迎えるために必要な情報を決定する。それらの情報を可視化するための、アウトプット資料として「テスト計画書」が作成される。どのようなポイントがあるのか。

目指すべきターゲット品質について

 RPAのテスト計画では、ロボ開発における「ターゲット品質」を定義し、そのターゲット品質を達成するための方法を決定する。以下の2つが重要なポイントだ。

1.対象となるロボの「ターゲット品質」を定義する

  • 「RPA品質の指標」を決定し、可視化する
  • 「ターゲット品質」を決定し、可視化する

2.「ターゲット品質」を達成するために必要な情報を整理する

  • 「テストタイプ」を洗い出し、可視化する
  • 「テストデータ」を洗い出し、可視化する
  • 「環境差異から発生するリスク」を洗い出し、可視化する

 以上の1、2に沿って、事例を交えながらRPAのテスト計画の流れを詳しく説明しよう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。