ニュース
» 2019年02月26日 08時00分 公開

RPAブームに陰りか 国内RPA市場規模予測とユーザー企業の挙動

2018年度の国内RPA市場規模は、2017年度と比較して大幅成長を見込む。しかし、下半期にはリスクや課題が浮き彫りになり、ブームに陰りが見えた。今後の展望は?

[キーマンズネット]

 働き方改革を背景に、ホワイトカラーの業務を自動化するソフトウェアロボット、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)が注目を集める。矢野経済研究所の調査によれば、2018年度の国内RPA市場規模は前年度比134.8%増の418億円と予想する。

 RPAブームとも呼べる盛り上がりを見せた2018年だが、下半期にはそのブームに陰りが見えた。同社は、今後の同市場の動向をどう予測しているのか。ユーザー企業がRPA製品やソリューションの事業者に求めているものとは。

RPA市場は拡大を続けるも、2018年下期はブームに陰りが

 矢野経済研究所は、国内のRPA市場調査の結果を発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。