コラム
» 2019年02月26日 08時00分 公開

セキュリティルール作りのテクニック

セキュリティ担当者になれば、セキュリティポリシーを含めたルール作りに関わる機会が増えるはずだ。ルール作りのために欠かせない考え方について紹介しよう。

[松尾秀樹,セキュアシステムスタイル]

本コラムは2015年7月22日に公開した「セキュリティルール作りのテクニック」を再編集したものです。

 当然と言えば当然ですが、技術的な部分を抜きにルール作りは進みません。例えばパスワードの桁数や運用をどうするのかという視点でいえば、ルール策定時の標準的なコンピュータスペックに照らし合わせて、総当たりでチェックされたときにどのくらいの時間がかかるのか、どのくらいのペースで変更を行えば十分運用に耐え得るのかといった技術的な検証を踏まえたかたちで値を埋め込む必要があります。

 最初のルール作りには欠かせないアプローチで、開発ルールについても同じことがいえます。Webアプリの設計時には、「入力フォームやパラメータはセキュリティの観点からこうあるべき」という点を最初に十分検討したいところです。

 Webアプリのルール作りの際にはできるだけ説明しやすく作っていきましょう。具体的には「資料の中の何ページにある記述通りに作ってもらう、もしくは直してもらえば大丈夫」といった進め方ができるぐらいの資料があると現場も受け入れやすいはずです。

 そのためには、さまざまな開発言語に対応した表記の仕方が必要です。筆者もPHPやAndroidにおけるJavaコーディングといった一部の詳細資料までは用意できましたが、全ての言語に対応したルール作りは行うことができませんでした。自社で使われている言語を調べた上で、優先順位を付けていきながら進めていくべきです。

 どんなルールを作っていくべきかのひな型については、実際にはセキュリティベンダーなど外部パートナーの協力を得て作り上げてください。

パブリックな情報の使い方

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。