ニュース
» 2019年02月25日 08時00分 公開

ブックレット:「今回はココが危ない」一覧表で分かる改元システム対応の要所

簡単だと思われがちな今回の改元に伴うシステム対応。余裕の表情を見せる企業に対して経済産業省は警鐘を鳴らした。本ブックレットでは、押さえておきたい対応項目をまとめた一覧表を基に説明する。

[キーマンズネット]

「30年前の改元で対策済み」に経済産業省が警鐘

 2019年5月の改元を前に、経済産業省は企業情報システムでの改元への対応について説明会を全国各地で実施中だ。それによると、昭和から平成への改元時と現在ではシステム構成が大きく異なるため、30年前とは別の対応が求められるという。

 この30年で企業を取り巻くシステム環境は大きく変化した。オフィスコンピュータ(オフコン)やメインフレームの時代からWebシステムの時代へと移り、SaaS(Software as a Service)のビジネス活用も当たり前になった。システム間連携も広範囲化し、データの流れも複雑になっている。今回の改元対応は、データベースの元号カラムへの項目追加や帳票周りの確認だけで本当に十分だといえるだろうか。

 本ブックレット(PDF、14ページ)では、改元を迎える前にいま一度確認したい以下の項目をまとめた。

  • 対応スケジュール例から考える対応計画の考え方
  • 対応箇所の洗い出しと確認したいポイント
  • 見落としやすいポイントと対応が厄介なケース
  • フェーズごとに見る確認したい9つのチェック項目

ブックレットのダウンロードはこちらから

ブックレット

 本ブックレットは、キーマンズネットで掲載した解説記事「リスク山盛りで情シスは大丈夫か “改元システム対応”の近道とは?」「『えっ、帳票だけじゃないの?』改元に伴うシステム対応の“危ない”ポイントとは」を基に制作しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。