特集
» 2019年02月20日 10時00分 公開

RPA導入のコツ、ロボコンを勝ち抜いた強者ロボットから学ぶ (1/2)

従業員が工夫を凝らして創り上げたRPAロボットを発表し、順位を競うメタルワンのロボットコンテスト。上位に輝いたロボットは?

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 従業員が工夫を凝らして創り上げたロボットを発表し、順位を競う「ロボットコンテスト」が開催された。ロボットといってもヒューマノイドロボットではなく、業務をソフトウェアで自動化するRPAロボットである。

 RPAの特長は、業務担当者がプログラミングの知識なしにロボットを作れることだ。しかし、実際にはソフトウェアを操作する基本的な知識と作成ノウハウが必要で、忙しい現場ではなかなか開発に手が回らないのが実情である。

 多忙な従業員の“RPAやる気スイッチ”を押す方法として、大手鉄鋼商社のメタルワンはRPAロボコンに取り組む。本稿は2018年末に開かれた「第2回 ロボットコンテスト」最終審査会の模様をお伝えする。栄光を獲得したロボットには、RPA活用のヒントが詰まっていた。

役員を前にした“真剣勝負”年末のプレゼン大会

 メタルワンは、2017年よりロボットコンテストを開催している。多忙な従業員が楽しみながらRPAに取り組み、商社ならではの細かく煩雑な業務を自分たちで効率化できないかを競う。

 2018年開催の「第2回 ロボットコンテスト」は、前年を上回る168件のエントリーが集まった。最終審査会は、あらかじめ選出されたトップ10のロボットの作成者が審査員となった役員にプレゼンを行い、順位と表彰を競う場だ。

 会場には100人以上の社員が観客として詰めかけ、熱気の中で審査が進んだ。作成部署の代表者が業務の課題とロボットの効果、今後の取り組みを発表する。

 「代行(部長代行)がパソコンみつめ数時間。まだぁとせかす、背後に部長――」

 5・7・5のリズムで業務の課題を伝える発表者もいて、笑いを誘いながらプレゼンを行う。審査員からも時に鋭い指摘をしつつ、楽しそうに質疑応答が交わされた。会場は終始、和やかな雰囲気だったが、プレゼンには自分たちの手で業務の課題を解決しようという熱意が込められ、取り組む姿勢は真剣そのものである。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。