特集
» 2019年02月18日 08時00分 公開

IT導入完全ガイド:社員任せのWindows 10アップデートはリスクだらけ、IT資産管理ツールでどう回避する? (1/5)

Windows 7のサポート終了を目前に、Windows 10へ移行を急ぐ企業は多いが、移行して終わりではない。WIndows 10のアップデート管理という次なる問題もある。今までのようにアップデート運用を社員任せにしていては、大きなリスクを引き起こす恐れがある。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 「Windows 7」から「Windows 10」への移行が大詰めを迎える中、IT部門が気になるのはWindows 10のアップデートの運用管理だ。どこのメディアでも取り沙汰されているように、組織のシステム管理に影響を与える大きな問題だ。

 今までは、「Windows 7、Windows 8……」というように大型アップデートを繰り返してきたが、Windows 10からはサービスコンセプトが変わり、半年に一度アップデートがリリースされる提供形態に変わった。このサービスコンセプトは「WaaS」(Windows as a Service)と呼ばれる。常に最新の状態に保てるというメリットがある一方で、新たな運用課題も生まれた。

 本特集では、Windows 10のアップデート運用管理に焦点を当て、OSのサービスモデルがWaaSになったことで生まれる運用問題と社員任せのアップデートのリスク、IT資産管理ツールを活用した運用管理のポイントについて紹介しよう。

Windows 10ではアップデートの何が変わり、厄介なのか

 まずは、Windows 10のコンセプト変更により従来から何が変わり、何が新たな課題となるのかを簡単に整理しよう。

 Windows 10以降は、大型バージョンアップやサービスパックの提供はなくなり、「品質更新プログラム」(Quality Updates)と「機能更新プログラム」(Feature Updates)の2種類の更新プログラムを定期的にリリースするアップデート方式に変わった。それぞれの違いは、以下の通りだ。

機能更新プログラム(Feature Updates)

更新内容:主に機能強化などの更新プログラム

提供時期:年に2回(3月、9月)

データ量:約3〜4GB(今後、軽量化される可能性もあり)

品質更新プログラム(Quality Updates)

更新内容:セキュリティ修正やその他の更新

提供時期:毎月1回

データ量:150MB〜1GB(※)

※更新プログラムの配信方法が「フルアップデート」と「エクスプレスアップデート」で異なる

 各バージョンのサポート期間はリリース後18カ月と決められている。2018年9月には「Windows 10 Enterprise」「Windows 10 Education」に限り、9月リリースの機能更新プログラムのサポート期間が30ケ月に延長されたが、半年サイクルでのアップデートプログラムの提供は変わらないため、サポート期限が延長になっても、テンポよく更新できるよう計画しなければならない。

 また、機能更新プログラムは1回当たりの配信データ量も多い。アップデートプログラムのリリース日に一斉に自動更新が走った場合は、ネットワークの負荷も高く、帯域の奪い合いにもなりかねない。

 一番重要であり面倒なのが、各端末へのアップデートプログラムの適用計画だ。最新のプログラムがリリースされたからといって、すぐに適用するのはリスクが高い。バージョンによっては、業務で利用するアプリケーションなどに何らかの影響を及ぼす恐れもある。IT部門で事前検証し、安全だと判断した時点で全社展開するといった流れを事前に考えたい。そのためにも、IT部門での検証項目や適用フロー、今後のスケジュールについてあらかじめ策定する必要がある。

 このように、Windows 10のアップデート形式と更新サイクルが変更されたことで、IT部門が考えるべきことは一気に増えた。次に、これらのアップデート変更が業務にどのような問題を引き起こすのかを例を基に説明しよう。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。