ニュース
» 2019年02月14日 10時00分 公開

こうして職場が病んでいく:「残業させるな」そのムチャぶり、どうする?

部下がまた残業をしている。会社からは「残業させるな」といわれるが、仕事は減らない……。どうしたらよいのか、お悩みではありませんか。

[村田佳子,パナソニック ソリューションテクノロジー]

著者紹介:村田佳子

村田佳子

2006年から、コーチング研修やインストラクター育成を担当。「部下を元気にする」ための研修を新任管理者向けに多数実施。豊富な教育設計の経験を生かし、さまざまなeラーニング教材を開発、受講者から「学んでよかった」と思われる設計ノウハウを指導している。見るのもやるのもゴルフが趣味。競技大会で予選突破することが現在の目標。


 今日もあなたの部下はまた残業している。そんな部下の姿を見て、「何にそんなに時間がかかっているのだろう?」「今まで何をやっていたのだろうか?」と、つぶやいてしまうことはないでしょうか。

 働き方改革の一環として、“長時間労働の削減”や“ノー残業Day”を掲げる社内。「あなたの部署は、残業時間が先月から減っていない」という人事部門からの指摘を受けてしまった。しかし、仕事は減らないし、人も増えない。一体どうやって達成したらいいのだろうか――。こうした悩みを抱えてはいませんか。

 私は、10年以上企業向け教育教材の開発に携わっており、昨今では不調者を生まない組織、社員がいきいき働ける職場づくりをテーマに、管理者への教育教材を開発しております。管理者がどのようなことを意識すれば「健康いきいき職場づくり」ができるのかを皆さんと共有したいと思います。

 初回は、長時間労働への対応をテーマに管理者としてやるべきことを紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。