コラム
» 2019年02月12日 08時00分 公開

セキュリティ担当者として“腹をくくれる”か?

これまであまり語られることのなかったセキュリティ担当者としてのキャリアパスについて考えてみよう。

[松尾秀樹,セキュアシステムスタイル]

本コラムは2015年6月16日に公開した「セキュリティ担当者のキャリアパスとは?」を再編集したものです。

 一般的にセキュリティ担当者は、IT部門の誰かが指名されることが多いものです。例えばアプリを作っていた人をセキュリティ担当者に据えるとどういうことが起こるのか。

 彼らは「いつか開発に戻れる」ことを夢見てしまい、なかなか腹をくくることが難しいものです。自分はセキュリティ担当者として全力を尽くすということを決意してもらう、腹を決めるということはとても大切なことです。

 腹をくくるためには「戻らなくてもほめられる」「光があたる」という環境を作り上げていく必要があります。また、その分野では自社のなかでトップに立てる可能性があるということが実感できる環境を整えてあげるべきです。

 全社に向けて統制を効かせながら、何か施策を実施していくことがコミュニケーション上重要になるセキュリティ担当だけに、企業のなかでの存在感は大きなものになるのです。このことに気付けるかどうかで、決意を強く持てるかどうかが決まると思います。

セキュリティ担当者の「キャリアパス」とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。