特集
» 2019年02月08日 10時00分 公開

RPAは使いものにならない……? 導入企業の訴えまとめ【実態調査】 (1/4)

2017年ごろから導入企業が増えつつあるRPAだが、導入企業からは具体的な課題も上がっている。RPA導入の最新事情と、企業が抱える課題について聞いた。

[溝田萌里,キーマンズネット]
7つのITトピックス

 2019年に注目すべきITトレンドは何だろうか。キーマンズネット編集部では「セキュリティ対策」「SaaS」「RPA」「改元対策」「EoS対策」「働き方改革」「AI」の7つのトピックスを抽出し、「IT活用状況調査」(有効回答数1541件、実施期間:2018年11月26日〜12月21日)を行った。企業における2019年のIT投資意向と併せて調査結果を全8回でお届けする。

 第2回のテーマは「RPA(Robotic Process Automation)」だ。

調査サマリー

  • 全体の8割以上がRPAを認知している
  • RPAを知っている企業の3割以上がRPAを実施、大企業から導入が進む
  • RPAを利用している企業の約8割は、業務削減率が30%以下にとどまる
  • 導入企業からは「ロボットが止まる」といった課題も聞かれた

全体の8割以上がRPAを認知理解

 生産性向上や働き方改革の取り組みを背景に2017年ごろから導入企業が増えつつあるRPA。現在、一般企業にはどのように認知されているのだろうか。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。