Special
» 2019年02月07日 10時00分 公開

数年後のスタンダードとなるか:サーバやPCだけじゃない、HCIにも到来したBTOの波

HCIは容易に導入できる利点で注目されているが、それでもまだクラウドのように「今すぐ使いたい」というニーズには応えきれていない。要望があればすぐに出荷できるHCIがあれば、HCI市場はさらに活性化する可能性がある。

[PR /キーマンズネット]
PR

 サーバとストレージ、ネットワークを一体化した形で容易に導入できる「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)を採用するケースが増えてきた。オンプレミス環境でもクラウドと同様の感覚で迅速に導入できる特徴や、運用管理が効率化できるメリットが関心を集め、次世代IT基盤としての存在感が高まっている。

 だが、HCIにしたからといって調達や導入の煩雑さが思ったほど改善されるわけではないことも分かってきた。従来のサーバ、ストレージなどを別々に構築する方法に比べれば、導入にかかる手間と時間は格段に削減されているが、サイジングや設定といった作業が全て不要になるわけではない。

 デジタルトランスフォーメーションを見据え、日々変化するビジネスの要求に応えるために「もっとスピーディーに、もっと簡単にHCIを提供できないものか」という販売パートナーの声を耳にするケースも珍しくない。こうした要望に応える一つの解が 「BTO」(標準構成・流通在庫)モデルだ。大手ベンダーが提供するHCIのBTOモデルについて紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部/掲載内容有効期限:2019年4月6日