調査リポート
» 2019年01月29日 08時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「外付け型ストレージ」シェア(2018年第3四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.6%増の449億5600万円だった。ストレージベンダーがシェア拡大に求められるものとは。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調査によれば、2018年第3四半期(7〜9月)の外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.6%増の449億5600万円だった。

 メインフレーム向けは2015年の大型更新以降、支出が低迷し同比48.4%減の32億9700万円だった。オープンシステム向けは同15.1%増の416億5900万円で、ハイエンドとミッドレンジ向けがプラス成長だった。

国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2016年第3四半期〜2018年第3四半期 国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2016年第3四半期〜2018年第3四半期(出典:IDC Japan)

 外付型ストレージへの搭載メディアでは、引き続きHDDからフラッシュへの移行が進んだ。外付型の支出額のうち、オールフラッシュアレイ(AFA)は前年同期比28.4%増の129億2100万円となり、支出額に占めるAFAの比率は前年同期の23.6%から28.7%に上昇した。ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は同29.3%増で164億5300万円だった。一方、オールHDDアレイは同21.2%減で155億8300万円であった。

 2018年第3四半期の売上額(マージンを除く)は426億9900万円で、ベンダー別の市場占有率(売上額ベース)を見ると、1位は20.4%、2位は15.2%、3位は14.7%、4位が10.2%、5位が7.6%だった。

2018年第3四半期 国内外付型エンタープライズストレージシステム売上額 2018年第3四半期 国内外付型エンタープライズストレージシステム売上額(出典:IDC Japan)

 IDC Japanのアナリストは、プライマリーストレージの更改に際しては、AFAの採用が主流となる段階に達しているが、ストレージベンダーがシェア拡大を狙うには技術以外の差別化が必要になるため、どのように自社のAFAをユーザーに利用してもらうか、エコシステムや提供方法などを見直すべきであると分析する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。