特集
» 2019年01月25日 12時00分 公開

錯覚を駆使してもいいから生産性を高めたい、レノボ「大和研究所」の成果とは?(2/3 ページ)

[二瓶 朗,グラムワークス]

錯覚を駆使してまで、生産性を高めたい

Lenovo Research Advisory Researcherの戸田 良太氏

 戸田氏は「Lenovo Researchによる性能評価では490WPM(編注:1分あたりの文字入力数)を実現している」と胸を張る。タイピングの世界記録は256WPM程度の速度だというから、誰が仮想キーボードをたたいたとしても、文字入力に遅延は発生しないことになる。さらに性能が向上したことで、「フィンガーレスト」(キートップを押さずに指を添えている状態、キートップに触れるが入力はしていない)の挙動にも問題なく対応できるようになった。

 筆者もこのイベントで実際にHaloキーボードを操作してみたが、リアルな打鍵感が味わえることに驚いた。その感覚を支える技術が「クロスモーダルフィードバックだ」と戸田氏は解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。