特集
» 2019年01月23日 08時00分 公開

なぜ人事データに「顔写真」が必要なのか? たった4人で5000人を“やる気”にさせる人材管理術

成長を続けるサイバーエージェントを支えているのは、何よりも「人」の力だ。同社は常に従業員のコンディションを考え、一人一人の才能を開花させる取り組みを行うという。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 「Abema TV」「Ameba」「AWA」といったメディア事業やインターネット広告、スマホゲームなどインターネットやモバイルを軸に幅広いサービスを展開するサイバーエージェントは、現在100を超えるグループ会社を抱え、全体で約5000人の従業員を擁する。そのビジネスを推進するのは何よりも「人」であり、同社はビジネスと同様に人材マネジメントにもコストと時間、労力を注ぐ。そう考える同社が有効な人材マネジメント施策を考える上で、軸にしていることがある。それが以下の3つの項目だ。

  • 顔と名前を知ること
  • 従業員と組織の“コンディション”を知ること
  • 常に従業員の才能が開花する場所を考えること

 この3つを指針とし、サイバーエージェントグループの人材マネジメントを支えるのが、人事戦略本部に配置された専門組織「キャリアエージェント」だ。適材適所の人材配置や育成といった人事戦略に関わる業務を一手に担い、経営層や事業部門と連携を取りながら、社員一人一人の能力を最大限に引出すための人事戦略を担う中枢部門である。このキャリアエージェントはどのような人事戦略を実行しているのか。以上の3つの指針を基に説明しよう。

人事データに従業員の「顔写真」が必要なワケ

 役員会議といえば、経営情報や事業戦略を中心に進められるのが一般的だが、サイバーエージェントはそうではない。同社の役員会議で使われる資料の約半分は人事情報で占められているという。なぜなら、事業戦略だけではなく、「誰が事業の責任者を務めるか」「どういう人事体制でプロジェクトを進めているか」など適切な人材配置を考えることも重要だと考えるからだ。

 同社には、従業員の顔と名前を一覧にした独自リストが存在する。なぜ顔写真が必要なのか、どのように活用するのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。