調査リポート
» 2019年01月22日 08時00分 公開

シェア情報アーカイブ:「サーバ」シェア(2018年第3四半期)

2018年第3四半期の国内サーバ市場動向は、x86サーバが市場をけん引し前期に引き続いてプラス成長だった。一方で、メインフレームは減少に転じたが、その理由とは。

[キーマンズネット]

 IDC Japanによれば、2018年第3四半期(7月〜9月)の国内サーバ市場規模は、1378億円で前年同期14.5%増と2四半期連続でプラス成長に転じた。出荷台数は14万6000台で前年同期8.7%増だった。

 x86サーバは売上額ベースで前年同期比26.8%増の1171億円、出荷台数ベースで前年同期比8.9%増の14万4250台だった。ネット企業や通信、官公庁、クラウドサービスベンダーの大口案件や、官公庁、文教での大口案件が後押しした。

 その他のサーバ(RISCサーバ、IA64サーバ、ビジネスサーバ、スーパーコンピュータ)は、売上額ベースで前年同期比17.5%増の112億円、出荷台数ベースで1.9%減の1220台だった。通信向けビジネスサーバや、金融、製造向けRISCサーバ、IA64サーバの大型案件により売上額は2桁のプラス成長に転じた。

 メインフレームの売上額は前年同期比48.5%減の95億円で、前年同期の金融、製造向けの大型案件の反動により2桁のマイナス成長だった。

 ベンダー別市場占有率(売上額ベース)は、1位が23.2%で前期に続き首位を維持した。文教向けテクニカル・コンピューティングの大口案件や、通信、官公庁向けの大口案件により2桁のプラス成長に転じた。2位は15.4%、3位は13.2%、4位は10.4%、5位は6.3%と続いた。

サーバシェア 2018年第3四半期 サーバ売上額(出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。