特集
» 2020年01月20日 08時00分 公開

WSUSは使えない? Windows 10の更新が失敗する原因と対策

Windows 7のサポートが終了したこともありWindows 10への移行が急がれる。しかし、既に移行を済ませた企業からは「大型アップデートのたびにトラブルが起きる」という悲鳴も聞こえてくる。その原因と有効な対策を専門家に聞いた。

[吉田育代,キーマンズネット]

 「Windows 7」のサポートが2020年1月14日に終了したこともあり、中堅・中小企業を含めて「Windows 10」を利用するユーザーが増えている。その一方でWindows 10への移行後は、半年に1度のペースで対応が必要な大型アップデートの運用に戸惑いを感じたり、「大型アップデートのたびにトラブルが起きる」といった悩みを抱えたりする組織も少なくない。

 さらにマイクロソフトによる更新プログラムの管理、配信を担ってきた、更新プログラム適用制御用サーバ「WSUS(Windows Server Update Services)」を使う場合は、アップデートの適用が難しくなるケースも報告されている。

 本稿では、Windows 10の大型アップデートに伴うトラブルやその原因、WSUSの課題、取り得る対策や最適な運用方法を、横河レンタ・リース 事業統括本部 ソフトウェア&サービス事業部長 松尾太輔氏に聞いた。

 後半では、2019年10月にマイクロソフトが延長サポートプログラム「Windows 7 Extended Security Update(ESU)」を2023年まで有償で購入できると方針転換したことに対し、「Windows 10に移行せずWindows 7を使い続ける」という選択肢が企業にどのような影響を与えるのかについても解説する。

Windows 10の大型アップデートはなぜ失敗するのか

 2020年1月14日、Windows 7の延長サポートが終了した。特別なライセンスがない限り、セキュリティアップデートの提供がなくなるため、利用を継続するのはリスクが高い。特に企業が利用する場合は自社だけでなく取引先や顧客にもセキュリティリスクがおよぶ可能性があるため、早急な対策が必要だ。これを潮時とWindows 10への移行を決意した企業も少なくないのではないだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。