連載
» 2019年01月15日 10時00分 公開

エバンジェリストが教える、RPA成功の絶対条件:ロボットを増やすだけではダメ、第一生命も実践したRPAの導入アプローチ (1/3)

RPAの導入や運用を成功させるためには幾つかコツがあります。今回は、RPA製品のライセンス体系が複雑でよく分からない、効果的に拡張するには誰が導入を主導すればよいか、最適な運用方法は何か、といったよくある疑問に答えます。

[志村裕司,Blue Prism]

著者紹介:志村裕司

Blue Prism ソリューションコンサルティング部長

野村総合研究所、セールスフォース・ドットコム、Box JapanといったIT企業で活躍後、Blue Prismに入社し、日本ビジネスの立ち上げメンバーとして尽力。プリセールス活動を中心に、導入プロジェクトへの参画やイベントでの講演も数多く務める。

 前回までの記事をお読みになった方から、「こんなにBlue Prismが高機能なら価格もお高いんでしょう?」というご質問をいただきました。しかし意外にも、サーバ型の製品の中で最安値の部類に入ると思います。

 製品ごとにライセンス体系は大きく異なるため、必ず詳細に確認すべき事項です。単に1ラインセンス当たりの価格で比較できるものではなく、ライセンス課金の対象や必要なライセンス数もチェックが必要です。

どう比較する? RPAツールのライセンス費用の考え方

 Blue Prismは価格が高いと思われていますが、全くそんなことはありません。ライセンス課金の対象は、シンプルに本番稼働環境で同時実行したいロボット数だけです。例えば5台を同時に実行したければ、5ライセンスを購入いただく仕組みです。

 製品によっては、テスト環境や冗長構成用の環境にも課金が発生したり、開発者の人数分ライセンスが必要だったりします。従来、PC1台の作業を対象としたデスクトップの自動化を提供してきた製品の場合は、サーバ機能をオプションで追加するときに高額の課金が発生する場合もあります。

図 図1 Blue Prismと他ツールのライセンス課金体系の比較

 Blue Prismは、パートナー販売のため価格を決めることはできませんが、希望小売価格は1ライセンス当たり年額120万円で、1年契約から可能です。必要なライセンス数に関しても、スケジュール機能を利用すれば1つのロボットで時間帯を分けて複数のプロセスを実行できるため、一般的にデスクトップ型のツールと比較して少ない数で済みます。

 ライセンス費用に加えて、第2回で解説した運用全体にかかるTCOや、第3回で解説したセキュリティ要件なども考慮して、ぜひ自社に合ったツールを選定いただければと思います。

RPAは魔法のつえ?

 最近はだいぶ減ってきましたが、RPAで簡単に業務効率化を達成できると思い込んでいる方がまだまだ多い印象です。しかし実際には、これまで多くのRPAプロジェクトが失敗していると聞きます。開発や運用の工数が思った以上に増大してしまった、ツールに機能的な制約があって自動化の対象を拡張できない、セキュリティやコンプライアンスのリスクに対応できない、野良ロボットだらけでガバナンスが効かない、など対応すべき課題が多すぎて、RPAの展開を諦めてしまう企業も多いようです。これは実にもったいない話です。

 RPAも他の企業システムと同様、導入と運用にはコツがあり、適切に人員や時間を投資しなければなりません。大きな成果を上げるためには、チェンジマネジメント(組織変革)も必要です。一体どのようなポイントを押さえればよいのでしょうか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。