特集
» 2020年02月19日 08時00分 公開

企業を襲う「変革疲れ」の波――DXの障壁を超える方法を1150人の本音から探る

熱意と期待を持ってデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んだものの、さまざまな障壁によって「変革疲れ」を起こすケースも珍しくない。企業が「変革疲れ」から立ち直る方法は? 専門家が語った。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

96%の企業意思決定者がDX戦略を持つ

 「デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)推進の取り組みが進捗(しんちょく)せず、焦りはじめているケースは珍しくない。『改革疲れ』を感じている企業もある」と、アバナードの最高技術革新責任者である星野友彦氏は語る。

2019年11月14日にアバナードが開催した「アバナード酒場」に登壇したアバナード 最高技術革新責任者 ディレクター 星野友彦氏

 アバナードはグローバルで年間50億〜100億ドル以上の売り上げのある企業の意思決定者1150人(13カ国)を対象に、DXに関する意識調査をインタビュー形式で実施(調査期間:2019年4月〜6月)。その結果を基に、同社が開催したイベント「アバナード酒場」で企業におけるDXの取り組み状況と課題を共有した。企業がDXの障壁を乗り越え「変革疲れ」を克服する鍵とは。

 DXに対する熱意を調査した項目では、「DX戦略を持っている」とした回答者が96%、「DXが自社の施策において優先順位のトップ3に入っている」とした回答者が92%に上った。これら企業が期待する効果としては、次のような項目が挙がっている。

今後12カ月で以下を実現する。

  • 17%のROI(費用対効果)向上
  • 10%のコスト削減
  • 11%の生産性向上
  • 10%のビジネス成長

 アバナードは「DXに熱意をもって取り組んでいる企業が多く、高い期待を持っている」と考察する。

 「例えば、データを利用して『何か新しいことをやりたい』という機運が高まっている。当社の顧客企業をみると、DXは『やったほうがよいもの』ではなく、『やらなくてはならないもの』として捉えられているケースが多い。その認識が経営陣だけでなく、現場のリーダーにも共有されるようになってきた」(星野氏)

DXに疲弊している企業が43%、原因は?

 だが、同社によればDXの取り組みを進める企業の43%が「変革疲れ」を感じている。

 「既存システムおよび業務プロセスの変更や改善、デジタル化が進まず、他社の成功事例が公開される一方で自社の進捗が鈍いことに焦る企業が多い印象。新しいチャレンジをしても取り組みがPoC(概念実証)で止まり、その後が続かないようだ。こうしたことから、現場がDXに疲弊するケースが珍しくない」(星野氏)

 DXの推進を阻む障壁とは何か(図1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。