コラム
» 2018年12月27日 08時00分 公開

その言動が社員をダメにする:新卒社員が病むとき

「職場のよくあるシーン」を使ってメンタルヘルス不調者を出さないためにできることを考えます。入社2年目の若手社員への対応について考えていきましょう。世代の違いからカルチャーショックを感じる人もいるようです。

[村田佳子,パナソニック ソリューションテクノロジー]

本コラムは2016年10月11日に掲載した「有名大卒の新卒社員が病む時 〜その言動が社員をダメにする」を再編集したものです。

 Bさんは入社2年目の若手社員です。有名大学を卒業し、夢と希望を抱きながら入社しましたが、希望部署に配属されなかったことに不満を抱えていました。なかなか仕事に打ち込めず、自分が犯したミスが原因でお客さまからクレームがあっても、「既に担当者には説明済みで解決しているはすです」と返事をします。

 彼の全く反省する様子もない態度に、上司のあなたは厳しく怒ってしまいました。すると数日後、彼は「この仕事は向いていないのでプロジェクトから外してほしい」「僕にはスキルもなく迷惑を掛けてしまう」と自信喪失で、その場から逃げ出したがるのです。最終的には、希望部署へ異動したいと要望してきました。

 そんな部下に対して「大切な時期なんだから、もう少し頑張れ」と辛抱するように伝えましたが、彼のやる気は見えず、逆に遅刻を繰り返したり、急に休んだりすることが増えてしまったのです。彼への対応にはあなたも頭を悩ませています。

 彼にやる気を出させるために、どのように対応するのがよいのでしょうか?

やる気を出させるポイントは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。