連載
» 2018年12月19日 08時00分 公開

5分で分かる最新キーワード解説:AI技術でタクシー配車を最適化する「リアルタイム移動需要予測」とは? (1/5)

リアルタイム移動需要予測サービスは、モノや人の移動状況を捉えて近未来の移動需要を予測する技術だ。タクシーや公共交通、運輸、物流最適化、交通渋滞・混雑緩和や事故・災害対策にも大きく貢献する可能性を秘める。多様なデータの関係性を見いだせる技術の詳細とは。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 モノや人の移動状況を捉えて近未来の移動需要を予測する「リアルタイム移動需要予測」のサービスが登場した。日本各地の属性別人数分布データと車両運行データ、気象データなど多様なデータの関係性を見いだすAI技術によって実現する。タクシーや公共交通、運輸、物流の最適化、交通渋滞や混雑の緩和、事故や災害対策に大きく貢献する可能性を秘める技術の一端をのぞいてみよう。

「リアルタイム移動需要予測」技術とは?

 日本各地の属性別人数分布データ、気象データ、周辺施設データなど多様なデータを元に、時々刻々と変化する移動需要をリアルタイムに予測する技術だ。NTTドコモは、現在から30分後までの未来のタクシー乗車台数の予測を10分間隔でオンライン配信する「AIタクシー」サービスを2018年2月から提供する。同サービスはタクシー業界に特化するが、技術そのものは人やモノの移動にかかわる全ての業界や行政サービスの合理化、高度化に役立つ可能性を秘める。

「AIタクシー」って何?

 「AIタクシー」サービスを実現する主な技術は2つだ。1つはドコモが開発した「モバイル空間統計」のリアルタイム版だ。携帯電話網の仕組みを利用して個人のプライバシーを保護した統計的な手法で、性別や年齢層などの属性別にエリア内にいる人の数を特定できる。

 もう1つは統計情報とタクシー運行データ(乗降場所や日時の過去情報)、気象データ(天気予報情報)、周辺施設データ(商業施設やイベント会場などの情報)との関連性を見いだすAI技術だ。

 2つの技術を組み合わせることで、500メートル四方のメッシュ内のエリアでタクシー乗客がどれだけ見込めるのかを予測できるようになった。100メートル四方で乗客獲得確率の高いエリアが分かり、また道路のどちらの側から乗車するのか(乗客獲得率の高い進行方向)、普段よりも人口が多い500メートル四方エリアまでもかなり正確に予測できるという。

 予測は10分間隔で行われ、すぐにタクシー会社にオンライン配信される。タクシー会社は情報を自社の配車システムやタクシー業務サポートアプリなどと連携し、最適な配車が行える。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。