ニュース
» 2018年11月15日 08時00分 公開

「IEEE 802.11ah(Wi-Fi HaLow)」が日本でも本格普及へ、2019年の目玉となるか(3/3 ページ)

[原田美穂,キーマンズネット]
前のページへ 1|2|3       

2019年の実験局運用を皮切りに、技術検証を推進

 このように将来性が期待されるIEEE 802.11ahだが、仕様策定に時間がかかり、実機の開発がまだ不十分な状況であることは否定できない。通信チップの開発はようやく数社が着手し始めたところだ。日本だけでなく中国、米国、シンガポール、台湾を中心に2019年早期のデバイスリリースに向けてプロジェクトが進んでいるという。日本国内でも802.11ah(Wi-Fi HaLow)推進協議会が中心となってチップを入手し、実験ができる環境を整える計画だ。

 「まずは実験局の免許取得とトライアル開始を目指す。トライアル協業条件の検討などを行っていき、その検証結果を協議会のメンバーにオープンな情報提供を行う。さらに、Wi-Fiアライアンスなどとの調整も行い、アクセスポイントや端末メーカーと協議して製品化を推進していく計画」(小林氏)

日本国内での普及に向けた取り組み
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。