特集
» 2018年11月12日 10時20分 公開

IT導入完全ガイド:これからIDaaSを始める企業はまずココを確認 「3つの導入パターン」と注意ポイント (1/3)

従業員の利便性や生産性、セキュリティ対策を向上させる上で、さまざまな効果が期待できるID管理システム。そこで注目を集めつつあるIDaaS(Identity as a Service)だが、導入時に考えるべきポイントはどこか。

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

 グローバル、特に米国ではIDaaSは急速な勢いで普及しており、企業がビジネスアプリケーションを選定する際に、「Okta」「OneLogin」といったIDaaSサービスに対応することが、前提条件として挙げられるほどだという。

 一方、日本ではまだ海外ほどではないものの、徐々に導入時例も増えている。現在、国内SaaS型IDM(Identity Management)およびIAM(Identity and Access Management)市場は成長過程にあり、ITRの調査によると、2018年は12億円規模であるが、2021年には18億円にまでなるだろうと予測される。

図:国内SaaS型IDM/IAM市場(資料提供:GMOグローバルサイン) 国内SaaS型IDM/IAM市場(資料提供:GMOグローバルサイン)

導入前の事前確認フェーズ、それぞれのチェックポイントを解説

 IDaaSを導入する前にまず何から始めるべきかをまとめた。導入前に確認したい事項は、以下の6点だ。

事前確認フェーズでのチェックポイント

(1)自社アプリの洗い出し

(2)登録するユーザー情報の精査

(3)ユーザー権限と管理者権限

(4)グループ管理とアクセスコントロール

(5)デバイスと利用環境

(6)管理運用ルール

(1)自社アプリの洗い出し

 まずは、基幹系システムや勤怠管理システムなどの業務システムから、グループウェア、社内ポータルサイトなどの社内情報系システム、そして「Office 365」「Salesforce」といったクラウドサービスなど、全社で利用するシステムの棚卸と把握から始める。このフェーズでは、システムの棚卸とともにID管理の対象を「どこからどこまで」とするかを決める。

(2)登録するユーザー情報の精査

 管理するシステムが決まれば、次は管理対象となるユーザーだ。企業によっては、正社員だけではなく派遣社員や協力会社、アルバイト社員を含めて進める業務やプロジェクトもあるだろう。その場合は、契約満了後のID、パスワードの無効化のため、契約期間も確認したい。

(3)ユーザー権限と管理者権限

 利用者が把握できれば、次は、業務に関わるユーザーと付与する権限を整理するために、一般社員か管理者か、正社員か派遣社員、協力会社の社員かによって「できること」と「させたくないこと」の切り分けを行う。管理者の中でも、メイン管理者とサブ管理者に分けている場合は、それぞれの役割の把握も必要だ。

図:「extic」のユーザー管理画面。各ユーザーのロールも一覧表で簡単に管理可能(資料提供:エクスジェン・ネットワークス) 「extic」のユーザー管理画面。各ユーザーのロールも一覧表で簡単に管理可能(資料提供:エクスジェン・ネットワークス)

(4)グループ管理とアクセスコントロール

 (1)で、業務で利用するアプリケーションやサービスを洗い出したが、中には、プロジェクト単位や役職、管理部門など、部門単位で利用するツールやアプリケーションもある。適切なID管理を行うには、個人だけでなく、グループ単位、部門単位でも誰が何を利用し、権限設定はどうなっているかも確認したい。

グループ管理とアクセスコントロール(資料提供:GMOグローバルサイン) グループ管理とアクセスコントロール(資料提供:GMOグローバルサイン)

(5)デバイスと利用環境

 最近は、BYOD(Bring Your Own Device:個人保有の機器利用)を許す企業も増えてきた。その一方でシャドーITといった見えないリスクもある。そうしたリスクを排除するために、会社で許可したPCやデバイスのみにアクセス件を与えなければならない。管理部門は、現場で利用するデバイスを正確に把握し、一元的に管理したうえで、端末やOS、ブラウザごとのアクセス許可設定を考える必要がある。

(6)管理運用ルール

 今まで企業単位でのID管理をしていなかった組織がこれから新規でIDaaSを利用する場合やオンプレミスからIDaaSへシステムを切り替える企業は、従業員へ利用方法やアクセス方法の周知も忘れずに行いたい。また、万が一、サービスがダウンしIDaaSが利用できない状況になった時の、アプリケーションへのログイン対策も併せて考えたい。

 ID管理システムも無停止を求められるシステムの一つである。IDaaSのサービス提供者側も可用性を考慮した運用を行うが、万に一つの事態に対しても備えておきたい。

 これら6点が事前確認フェーズのポイントではあるが、少数体制でシステム管理を行う組織にとっては、工数がかかり大変な作業と感じる企業もあるだろう。そこで、「SKUID」を提供するGMOグローバルサインがまとめた事前確認フェーズでの「コツ」についても紹介しておく。IDaaSは、利用範囲や機能のスケールも容易に行える。そのため、最初から完璧な状態を目指さず、フェーズを区切って、段階的に考えてたい。

事前確認フェーズのポイント(資料提供:GMOグローバルサイン) 事前確認フェーズのポイント(資料提供:GMOグローバルサイン)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。