連載
» 2018年10月26日 10時00分 公開

KeyConductors:進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】

IoTのセキュリティは難しいといわれている。その理由はなぜか。最終回となる今回では、IoTのセキュリティについて考えてみたい。

[石黒 邦宏,デジタルハーツ]

IoTのセキュリティを考える

 近年、注目される技術の一つにIoTがあります。例えば、工場では、各生産設備や機器から情報を収集して生産状況を可視化するなど「スマートファクトリー」の実現のためにIoTを活用する事例も増えています。また、病院では、各医療機器が通信機能を備え、患者の健康データを集め、分析する「医療IoT」として活用されています。その他、ハードディスクレコーダーといった一般家電や自電車、電気やガスメーターなど私たちの身近なところにもIoTは活用され始めています。

 このように、IoTの普及により、さまざまなデバイスが通信機能を持つことで、データの取集や分析が容易になる一方で、新たな課題となるのがセキュリティです。例えば、病院のIoT機器が脆弱(ぜいじゃく)性によってウイルスに感染すると、患者の医療データが外部に流出し、場合によっては人命に関わる重大な問題を引き起こす可能性もあります。IoTの活用とセキュリティは一体で考えるべき課題なのです。

 しかし、IoTのセキュリティ対策は、実は難易度が高いといわれています。それはなぜでしょうか。

IoTのセキュリティが難しい理由

 PCは、ウイルス感染など何か問題が発生した場合は、ディスプレイを見れば異常が起きたことがすぐに分かりますが、IoTデバイスは、PCのように情報を表示する大きなディスプレイがなく、異常をユーザーに伝える手段がほぼありません。そのため、外部から攻撃されたことに気付きにくいという点があります。この点は、第1回でも説明した「Mirai」というマルウェアにも似たところがあります。「Mirai」の被害者の多くは感染したことにすぐには気付かず、攻撃を受けた組織からの報告で初めて気が付くことも多かったといわれています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。