連載
» 2018年10月23日 10時00分 公開

セキュリティ強化塾:シャドーITを禁止せず、生産性を落とさないために (1/3)

クラウドサービスが普及した理由は便利だからだ。それ故に社員が勝手に利用する「シャドーIT」につながる。対策はあるか。

[キーマンズネット]

 クラウドサービスは家庭、企業を問わず普及した。読者の多くも何らかのクラウドサービスを活用しているだろう。その理由は便利だからだ。それ故に企業が把握していないサービスを勝手に利用する「シャドーIT」につながってしまう。

クラウドサービスへの不安感が払拭(ふっしょく)された故に心配だ

 総務省が2018年に発表した「平成30年版情報通信白書」の第2節「企業におけるクラウドサービスの利用動向」によると、2017年においてクラウドサービスを利用する企業の割合は56.9%と前年を大きく上回った。クラウドサービスの効果を実感する企業の割合も85.2%と大きく、クラウドサービスのメリットがクラウドへの不安感、不審感を超えた様子が見て取れる。

クラウドサービスを活用する企業は年々増加している クラウドサービスを活用する企業は年々増加している(出典:平成30年版 情報通信白書)

 クラウドで利用するサービスは「ファイル共有・データ共有」が51.2%と最も多く、次いでサーバ利用、電子メールとなる。これらの機能は社内で運用するよりも、クラウドサービスを利用することが当たり前となっていることが分かる。

 しかし、便利であるが故に気を付けないといけないポイントがある。それは「シャドーIT」と呼ばれるような、企業の管理外で活用されるクラウドサービスだ。特に「Dropbox」「OneDrive」「Google Drive(Google One)」などのファイル共有サービスは個人利用が先に普及した。便利で無料のサービスを業務でも使いたくなることは止められない。

 企業ポリシーとして「利用を禁ずる」とうたうことは簡単だ。だが、過去に「USBメモリ使用禁止」にしたところで対策としては不十分だったことが思い浮かぶ。

 シャドーIT、特に「クラウドサービス」のコントロールをどうすべきかは世界共通のIT課題となりつつある。今回はクラウドサービスのコントロール権を確保する「CASB」を学ぼう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。