コラム
» 2018年08月31日 10時00分 公開

金曜Black★ピット:Intelが利用規約に盛り込んだ「一文」で大炎上:480th Lap

2018年1月、IntelのCPUに「Meltdown」や「Spectre」といった重大な脆弱(ぜいじゃく)性が発見されたことを覚えている人は多いだろう。セキュリティパッチが提供されたものの、適用するとシステムのパフォーマンスが下がるらしく、ちょっと気が重くなるような事件だった。

[キーマンズネット]

 2018年8月15日、新たに「Foreshadow」という同系統の脆弱性が発見された。Intelではこれらの「CPUの投機的実行」を利用したサイドチャネルの脆弱性を「L1 Terminal Fault(L1TF)」と総称している。

 ネーミングはともかくとして、再びセキュリティパッチが配布されたのだが、大きな問題が発生しているのだ。何が原因でIntelが大炎上してしまったのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。