コラム
» 2018年07月13日 08時00分 公開

金曜Black★ピット:かの国の裁判所が続々とAIを導入、まさかの役目とは?:473rd Lap

最新のIT技術の導入にためらいを見せることが少ないお隣の国、中国。交差点で信号無視する人を街角の大型ディスプレイに瞬時に拡大表示したり、トイレのペーパーを一定量提供するのに顔認証技術を採用したりと話題には事欠かない。

[キーマンズネット]

 新しい試みが中国で始まった。それはAI(人工知能)技術を裁判所で活用するというのだ。人口が多いだけに裁判の件数も非常に多のだろうか。裁判にAIを使うのは合理的かもしれない。

 ずばり「人工知能+裁判所」と名付けられたプロジェクトは、既に中国国内の400を超える裁判所でテストが進む。それにしても「AIに裁判を任せてしまって大丈夫なのだろうか?」というのは早合点。はてさてAIが任された業務とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。