ニュース
» 2018年07月11日 10時00分 公開

社内に「まったく持ち運ばないノートPC」が存在する企業が6割(3/3 ページ)

[キーマンズネット]
前のページへ 1|2|3       

「デスクの領土問題」に応えるディスプレイ

ビネイ・ジャヤクマール氏 DellEMC ビネイ・ジャヤクマール氏

 最後に登壇したのは、DellEMCのプロダクトマーケティングコンサルタントビネイ・ジャヤクマール氏。新たに投入されるビジネス向けディスプレイ「Pシリーズ」についてプレゼンを行った。

 「ミレニアル世代の従業員は、福利厚生よりも職場環境のハイテク化を重視する傾向にある。その際チェックするポイントの1つがディスプレイ」とジャヤクマール氏は説明する。また「ビジネスユーザーの多くが大型のディスプレイまたはサブディスプレイを欲しているが、デスク上のスペースが足りないことを悩みとして抱えている」というリサーチ会社の調査結果を示した。

ディスプレイ 従業員の生産性向上に影響するディスプレイ
デスクの狭さ デスクの狭さ、乱雑さが従業員の悩み

 そこで同社が新たに投入したディスプレイラインアップが「Pシリーズ」だ。Pシリーズの大きな特徴は3辺超薄型ベゼルを採用したところ。複数台を並べた場合でも額縁が気になりにくく生産性が向上するという。また台座も平均23%小さく設計され、本体の厚さも抑えられている。ケーブルの取り回しも容易になっているところからオフィスのデスク上での設置自由度が高くなり、机上での作業の邪魔にならない。大画面モデルでも最適な設置距離を保て(推奨設置距離は500ミリ)、快適な使用感を得られるという。ちなみにPシリーズのPはProfessionalのPである。

台座の小型化 台座の小型化で省スペース化を実現
薄型化 薄型化でワークスペースを最大限に利用できる
超薄型ベゼル 超薄型ベゼルで並べた場合でも境界が気になりにくい

 ビジネス向けPシリーズモニターは5製品のラインアップがある。

 「P2219H」は21.5インチワイド/FHD表示、「P2319H」は23インチワイド/FHD表示、「P2419H」は23.8インチワイド/FHD表示、「P2719H」は27インチワイド/FHD表示。

 各製品ともHDMI、VGA、DisplayPortといった標準的な入力インタフェースを搭載。もう1モデルの「P2419HC」は23.8インチワイド/FHD表示ながら、入力インタフェースにUSB TypeーCを採用。PCと接続すれば、映像データだけでなく音声データも送信できる。また65Wの給電も可能で、ディスプレイ側の電源ケーブルのみでPCの電源も確保でき、ケーブルで乱れがちな机上でスッキリと運用できる。各製品の外観と価格は以下の通り。詳細なスペックは各製品のWebサイトを確認してほしい。なお、P2419HCのみ2018年7月25日発売となる(Webサイトも同日より公開予定)。

P2719H P2719H:標準価格は3万480円(税別、送料込み)
P2419HC P2419HC:標準価格は2万7980円(税別、送料込み)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。